UAV(ドローン)写真測量はどのような現場で活用されているのか

UAV写真測量

UAV写真測量が行われている現場を実際に見たことのある方はどのぐらいいるのでしょうか。筆者はよく見かけるようになったなと感じますが、全く見たことのない方もいることと思います。

「本当に使われてるの?」「使いものになるの?」とイメージのわかない方もいらっしゃると思いますので、今回はUAV写真測量が既に使われている現場について解説していってみたいと思います。

UAV写真測量が活用されている現場とは

まずはUAV測量が活用されている現場・事例を思いつく限り挙げ、その後でひとつずつ解説していきたいと思います。

  • 公共測量
  • 簡易的な測量
  • 土木工事現場
  • 災害現場
  • 等高線の生成
  • 農業

純粋な「測位」で使われている場面。それに加えて、点群データ、3Dモデルを活用し、土地の状態・距離・面積・体積などを測定する、広義での「測量」現場も挙げてみました。

公共測量

公共測量とは、測量にかかる費用の全部または一部を国や公共団体が負担して実施される測量のことです。公共工事の際の測量などが該当します。道路工事などは作業エリアがとても広く、旧来の測量手法では時間も人手も多く掛かってしまいます。

こうした現場はUAV測量の長所を最も活かせるところであると言えるでしょう。

国が発注するような大掛かりな工事現場でも、既にUAV測量は認められ、実際に活躍しています。

測量は上記の「公共測量」の他に、全ての測量の基礎となる「基本測量」、そしてこれらの測量成果を用いて行う「基本測量及び公共測量以外の測量」の3つが、測量業として登録が必要な重要な測量であると定められています。

これらの測量について、現時点では「公共測量」でのみUAV写真測量が行われています。「基本測量」については国土地理院が精度実験を行い、作業要領(案)をとりまとめているところで、間もなく活用が始まるとも言われており期待されている分野です。

※これらの測量を行えるのは登録した測量業者のみです。

簡易的な測量

上記に該当しないその他の測量にはUAV写真測量が用いられています。

高度な精度を要求しない測量であれば誰でも行うことが可能なため、簡易的な測量を行う際にはUAV測量を行うことが可能となっています。

実際に使いものになるかどうかは要求される精度にもよりますが、UAVで対応可能な要求精度であれば利便性の高さから実際に使われるケースがあります。ミリ単位の精度が求められる測量は厳しいですが、センチメートル単位であれば活躍の場はグッと拡がります。

※登記を目的とした測量は土地家屋調査士しか行うことはできません。

続いて、土地の距離や面積、体積などを測定する、広義での「測量」について見ていきたいと思います。

土木工事現場

土木工事現場はある意味UAV測量が最も得意とする現場であると言えます。大型重機の入るような土木工事現場は作業範囲が広いことも多いですが、UAVであれば短時間で撮影を終えることができるからです。

さらに取得したデータは座標の割り出し以外にも

  • 距離の算出
  • 面積の算出
  • 勾配の算出
  • 体積の算出

などに活用できます。体積が分かれば土量が分かり、例えば「ダンプカーを必要なだけ無駄なく配備する」、といった別角度での活用も可能となるのです。

取得した点群データ、3次元モデルはそのまま3次元設計に活用でき、ICT施工対応建機に設計データを流し込むことによって重機が自動・半自動で施工を行ってくれるいわゆるICT施工も可能となります。

作業効率の大幅アップを実現し、日本中の現場で活用されています。

災害現場

災害現場でのUAV活用というと、空撮による現況確認や遭難者救助などのイメージが強いと思いますが、「測量」としても使われています。

例えば水害や土砂災害が起こった際に、土砂の体積を割り出したり崩落面の形状や表面積を割り出したりといったように崩落個所の測定を行うことが可能です。

機動力の高いUAVを用いることで、速やかな対応が求められる災害時において、早期復旧を支える力となっています。

等高線の生成

UAV写真測量を行い作成した3次元データには高さ情報が含まれています。

このデータをもとにすることで、従来はとても時間のかかっていた等高線の生成などを簡単に短時間で行うことができるようになりました。ただし、写真測量は地表が樹木草地などに覆われた状態では地表面を測定できないことから注意が必要です。

農業

農業分野も、マルチスペクトルカメラを用いた精密農業など、別の使途でUAV活用のイメージが強いと思いますが、圃場(ほじょう)の均平度を測定する際など、測量手法としてもUAVが使われています。

圃場は広大な面積を有することも多いですので、上空から短時間で広範囲を測定できるUAVの得意な場面と言えるのではないでしょうか。

お読みいただいた通り、これらは「将来こうなったら便利だな」ではなく、実際に活用され生産性が向上したケースばかりです。

ここに挙げた以外にも、例えば公共事業以外の河川や港湾での簡易測量など、まだまだ使われているケースはあると思います。

機動性に富み、広範囲を短時間で、少人数で測量を行えるのがUAV測量のメリットですので、今後も活用場面は拡がっていくのではないかと期待しています。